トピック

たまには大人の雰囲気で・・・BAR初心者のための基本マナー

投稿日:2017年10月10日 更新日:

「BAR」

それは大人の社交場であり、時に、非日常的な刺激を求め夜な夜な男女が出会う場所。

興味はあるけど入りづらい、いざ入ったとしてもどう立ち振る舞えばいいのか、といった不安に襲われ店の前まで行くものの、そのまま回れ右する日々、なんていう人はいませんか?

はい、私です。

それでも1度は入ってみたかったので、BARについて色々と調べ勇気を振り絞って行ってきました。

今日は、その時に役立ったBARにおけるマナーやNG行動をご紹介します。

そもそも居酒屋とBARって何が違うの?

居酒屋もBARもアルコールを取り扱っているお店ですが、決定的に違う点があります。

それは「がっつり食事ができるかどうか」。

居酒屋は、お酒メインというよりかは、食事とお酒のバランスを大事にしているのでフードメニューが豊富です。

また、ランチタイムを設けている居酒屋も数多くあるので、お酒を飲む事だけが目的ではない印象が強いですね。むしろ、お酒を飲まずに食事だけでもOKです。

対してBARは、9割方お酒が先行していると言っても過言ではありません。

フードメニューが全く置いていないわけではないのですが、あくまでお酒に合うものだけ。

もしくは、柿ピーなどといった乾き物しかないお店もあるので、食事もそれなりに求めて行くのはオススメできません。

なので、BARは、居酒屋感覚でお酒を飲みに行こうとする場所ではないですね。

覚えておきたいBARでのマナー

BARと居酒屋の違いは食べ物だけではありません。

冒頭でも述べましたが「大人の社交場」なので、ある程度のマナーを備えておくべき。

なので、BARでのマナーをいくつか覚えておきましょう。

◆カメラでの撮影
カフェやレストランの料理の写真をSNSにアップするのは良くあることですが、BARでは基本的にしない方がいいでしょう。

というのも、BARに来るお客さんの中には、他人の写真に写るのを嫌う人が多くいます。

また、暗く落ち着いた雰囲気のBARでは、急にカメラのシャッター音が鳴ったりフラッシュが光ることで、気分を害する人もいます。

なので、そういった人たちの迷惑にならないように、カメラ撮影はできるだけ控えた方が良いでしょう。カメラ撮影をする場合は、お店の人に許可をとってからするのがベターですね。

◆置かれたボトルには触れない
ワインバーなどではよくあるそうですが、店内に置かれたボトルに了承を得ず触れることはマナー違反です。

ましてや、勝手にボトルの栓を開けるのはもってのほか、最悪のマナー違反になります。

◆「バーテンさん」はNG
バーテンダーさんの事を「バーテンさん」と呼ぶ人がいますが、これは蔑称と言われています。

気にするバーテンダーが多いわけでもないですが、中には「バーテンさん」と呼ばれることを嫌う人もいるので、注文や会話で呼びかける際は「マスター」、もしくは「バーテンダーさん」とするのが良いでしょう。

大人の振る舞いを心がけステキな時間を

いかがでしたでしょうか。

一見、BARは敷居が高そうですが。上記した居酒屋との違いやマナーをおさえておけば、必要以上に身構えることはありません。

居酒屋でワイワイもいいですが、たまには落ち着いたお店でステキなひと時を過ごすのも
良い刺激になるのではないでしょうか。

AD




AD




-トピック
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

二日酔いしないために押さえておきたいポイント3つ

営業男子には避けて通れないのが、得意先との飲みの席。 飲みたくない日も飲まなくてはいけないので、体調管理がとても難しいですよね。 また、時期的に忘年会シーズンなので、さらに飲酒量は増え二日酔いの辛さが …

NASA直伝!アンチエイジングの秘策とは

突然ですが、あなたのお仕事は座り仕事ですか? 私の仕事は、1日の労働時間の9割程を座って過ごします。 恐らく、デスクワークの方や運転手の方、また長距離を飛行機や電車で移動する方など、日常生活で座りっぱ …

社会人になってからの出会いの場オススメ3選

こんにちは! 少子化にストップをかけるべく、ひたすら優良な出会いの場を求める出会い系ライター、ともぞーです。 さて、今回スポットを当てるのは「社会人限定」の出会いの場。 社会人生活もだいぶ板につき、仕 …

心が疲れている人に知っておいてほしいこと

なにをするにも気が乗らない、特に体を酷使したわけでもないのに全身がダルい、そんな人は精神的に疲れている可能性があります。 季節の変わり目という要因もあるかもしれませんが、それ以上に精神的な疲れを溜め込 …

新社会人が抱えやすい悩みと対策<人間関係編>

職場に限らず、人間関係はつきものです。 ただ、社会人になってからと学生時代とで大きく異なるのは「苦手な相手との関係を自由に断つことができない」という点でしょう。 例えば、学生時代に剣道部に入ったとしま …