トピック

これだけはやっておくべき!基本的な花粉症対策

投稿日:2018年3月8日 更新日:

一般的に、3月から5月にかけて花粉の飛散量がピークになるので、花粉症の人にとってはとても辛い季節ですよね。

花粉症対策をする際、大抵の人は真っ先に街のドラッグストアで対策グッズを買ったり、お医者さんに予防注射を打ってもらうといった選択肢になりがちだと思います。

しかし、もっと身近なところから対策をすることで、花粉症の症状を緩和することができるんです。

今回は、グッズや予防接種などではなく、根本的なところから行える花粉症対策をご紹介します。

帰宅時の花粉症対策

◆玄関で花粉をしっかり落とす
どんなに完全防備をしても、外出時に花粉が全く付着しないということはありえません。

なので、帰宅したら衣服についた花粉をしっかりはらってから室内に入るようにしましょう。

外で付いてしまった花粉を、できる限り室内に持ち込まないことが重要です。

◆洗顔とうがい
花粉対策に限ったことではないですが、帰宅後の手洗い、うがいは常に心掛けておきましょう。

この時に、一緒に洗顔もすると効果的です。

家の中での花粉症対策

◆ドア・窓を閉める
基本的な事ですが意外と忘れがちなのが戸締り。

季節柄、気温も暖かくなって風が気持ちよく感じるかもしれませんが、その風と一緒に花粉も舞っているということを忘れずに。

◆こまめに掃除をする
上記した対策をしっかりしていても、多かれ少なかれ室内に花粉が侵入してしまうと思います。

なので、掃除機を使ってこまめに室内を掃除するようにしましょう。

また、きれいな室内は花粉に限らずダニ・アレルギー対策にもなります。

◆布団を外に干さない
外に布団を干してしまうと花粉がついてしまうので、布団乾燥機などを活用しましょう。

どうしても干したいときは、花粉の飛散量が少ない午前中に。

また、天気予報の花粉情報も参考にしてみるとよいでしょう。

取り込む際は、しっかりと花粉をはたき落とすのを忘れずに。

就寝前の花粉症対策

◆お風呂・シャワーで花粉を流す
お風呂やシャワーは朝に入るという人もいますが、花粉がひどい時期は寝る前にしっかりと洗い流してから布団に入るようにしましょう。

◆枕元の花粉を拭き取る
床の上に限らず、ベッドにも花粉は溜まっています。

なので、寝ている時に花粉を吸い込まないよう、少し湿らせたタオルなどで枕回りを拭いてから寝るようにすると効果的です。

対策グッズをたくさん買い込む前に

いかがでしたか。

TVやインターネット、電車の中などで花粉症対策グッズの広告をよく見かけます。

広告の内容通りなら、それらはとても魅力的でつい買いたくなるかもしれませんが、それ以前に日常生活でやっておける花粉症対策があります。

高価な花粉対策グッズを買い漁る前に、まずは日常の花粉対策を見直してみるとよいかもしれませんね。

AD




AD




-トピック
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

いつまでも白い歯を維持したい!歯の黄ばみ対策とは

人と話している時、相手の歯の黄ばみについ目が行ってしまう事がありませんか? 同じように、相手にも自分の歯を見られていると思うと、常に白い歯を維持していたいところです。 特に、接客業や営業のように人と接 …

これがあれば脈あり!女性が気になる男性にとる態度とは

もうすぐクリスマスですね。 今年はイブが日曜なので絶対に外には出ない!というシングル男子はいませんか? はい、私です。 でも彼女が欲しい!もう1人は嫌だ! そんなわけで、クリスマスまで残り少ないですが …

日本人の約4割が抱えている睡眠負債とは

よくTVなどで「睡眠負債」という言葉を聞くようになりました。 睡眠負債とは、睡眠不足の弊害が借金のように積み重なっていく事で、ゆくゆくは命の危険につながってしまうことも最近の研究で明らかになってきてい …

女性だけじゃない!男性も冷え性対策を

先日、都内で警報が出るほどの大雪が降り、東北では観測史上、最低気温を記録するなど異例な大寒波に見舞われている日本列島。 今、このちょっとした異常事態とも呼べるこの寒さによって、体調を崩す方が続出してい …

最近なんだか調子悪い…男性も知っておくべき更年期障害のチェックポイント

更年期障害と聞くと女性のイメージが強いですよね。 しかし、男性も更年期障害になるということを知っておくべきです。 というのも、近年では男性の更年期障害発症率が増加傾向にあるんです。 仕事のストレス等で …