トピック

デートで嫌われる男性のパターン5つ

投稿日:2017年12月25日 更新日:

やっとデートまでこぎつけてもなぜか上手くいかない、付き合って間もない彼女のデート中の様子がおかしい、なんてことはありませんか?

ひょっとするとその原因は、デートでのNG行動をしているからかもしれません。

せっかくのデートを楽しく過ごすためにも、今回は「デート中に女性が嫌がる男性の行動」を5つ挙げてみたので、自分は当てはまっていないかチェックしてみましょう。

電車やエレベーターなどで我先に乗り降りしようとする

小さい子供やお年寄りを押しのけて、我先にと席を確保する姿に女性はガッカリします。

公共の場なのに、自分だけ良ければいいという姿勢がとても大人げなく映ってしまうためです。

エレベーターに乗った際も、全員が降りるまで開くボタンを押して自分は最後に降りるぐらいの余裕と気遣いが欲しいところです。

他の女性ばかり見る

デート中に他の女性をずっと目で追うのは、相手の女性に対してとても失礼になります。

「自分よりもさっき目で追ってた女性の方が魅力的なのかな。」と、女性は不安になり、やがて不安は怒りに変わることも。

最悪、「ただの女好き」のレッテルを貼られ、相手が職場や学校の女性であった場合、悪評が広がる恐れもあるので、街中でどんなに魅力的な女性を見かけたとしても見て見ぬフリをしましょう。

お店の店員さんに対する態度が悪い

コンビニや居酒屋の店員さんなどに横柄な態度をとると、女性はガッカリを通り越して引いてしまいます。

見ていて決して気持ちの良いものではないですし、人間性を疑われてもおかしくない行動と言えるでしょう。

最近では、女性誌で「店員さんに対する態度=彼のあなたへの将来の態度」といった特集が組まれているぐらいなので、横柄な態度はとらないようにしましょう。

自分の趣味の話や自慢話ばかりする

「知らないこと」や「興味のないこと」を延々と話されると女性は疲れてしまいます。

特に、自慢話の類は女性ウケは悪いです。

また、女性の事を知ろうとするような話題を振るわけでもなく、ただひたすら自分のことだけしかしゃべらないと、女性から「自己中」のレッテルを貼られ、次のデートには繋がらないでしょう。

女性は、会話のキャッチボールができない男性に魅力を感じないのです。

女性のファッションを無視したお店のチョイスをする

女性のファッションを無視して、自分の食欲を優先させた行動をとると女性はガッカリします。

例えば、女性が白い服を着ているのにカレーうどんをズルズルと食べるのは気遣いを感じられません。

なので、女性のファッションを考慮に入れてお店をチョイスをしましょう。

もしくは、女性の好みを聞くのもアリです。

この時「何食べたい?」ではなく、「何か食べられないものある?」と聞いた方が好感度が上がります。

実は外見よりも人間性を見られている

いかがでしたか。

もし、女性とのデートがいつも上手くいかない場合は、上記した項目に当てはまっていないか自分を見つめ直してみてください。

デート中に限らず、女性は男性の事を結構見ています。

もちろん男性の外見もそれに含ますが、一番見られているのは「人間性」です。

女性は、人間性を通して男性の価値や器の大小を見出す傾向が少なからずあるので、もし自分に思い当たる節があるなら、日頃からモラルのある生活習慣を心がけるようにしましょう。

その際に、「女性に嫌われないようにしなきゃ」といったある種の強迫観念ではなく、「人としてちょっとした気遣いができるように」程度の心がけの方が良いと思います。

そうすることで、デートの時間がより楽しく有意義なものになるでしょう。

ただ、日頃から清潔にしておくなど、最低限の外見は必要なのでお忘れなく・・・

AD




AD




-トピック
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

仕事に集中できないほどつらい肩こり、腰痛の対策

肩こり、腰痛の原因は整形外科医の竹谷内院長によると、それはストレスと姿勢だそうです。 姿勢は悪くないのに肩こり、腰痛で悩んでいる方はストレスに原因があるでしょう。 ストレスを感じていない人は姿勢に問題 …

髪以外のメリットも?男性もヘッドスパに行こう!

ヘッドスパと聞くと女性向けのイメージが強かったですが、今や男性にも人気なのを知っていますか? その人気から、最近では男性でも入りやすい「男性向けヘッドスパ専門店」も増えているんです。 女性がヘッドスパ …

新社会人が押さえておきたい3つの心得

新年度がスタートし、多くの若者が社会人の仲間入りをする4月。 新社会人の皆さんは、期待に胸を膨らませる反面「ちゃんとやっていけるだろうか」といった不安もあることでしょう。 そんなわけで今回は、新社会人 …

糖尿病は高齢になってからとは限らない

先日、数年ぶりに前の職場でお世話になっていた上司に会った時のこと。 酒でも飲みながら昔の話でもしようかと、とある居酒屋に入ったんですが、大食漢だっその上司がなぜかほとんど食べなくなっていました。 とい …

新社会人が抱えやすい悩みと対策<ギャップ編>

新入社員が陥りやすい悩みの1つに「理想と現実とのギャップ」があります。 憧れの職業に就けることに喜びを感じていたのも束の間、実際に任せられる仕事はどうみても雑用ばかりだったり、思っていた仕事ではなかっ …