トピック

最近なんだか調子悪い…男性も知っておくべき更年期障害のチェックポイント

投稿日:2018年3月23日 更新日:

更年期障害と聞くと女性のイメージが強いですよね。

しかし、男性も更年期障害になるということを知っておくべきです。

というのも、近年では男性の更年期障害発症率が増加傾向にあるんです。

仕事のストレス等でうつ病と診断された人が、検査をしてみたら更年期障害だったという事例もあるように、男性の更年期障害は認知度が低くとても厄介。

いくつ当てはまる?男性更年期障害チェック

・関節や筋肉に痛みがある
・ひどい発汗がある
・睡眠の悩みがある
・イライラしやすい
・神経質になった
・常に不安感がつきまとう
・疲れやすくなり、行動力がなくなった
・ヒゲの伸びが遅くなった
・性欲が低下し、性的能力が衰えた
・早朝勃起(朝勃ち)の回数が減った
・力尽きた、どん底にいると感じる

上記した項目のうち、2つ以上当てはまったら男性更年期障害の可能性が考えられるので注意が必要です。

では、具体的に男性更年期障害とはどういった症状なのでしょうか。

男性更年期障害のタイプ3つ

男性の更年期障害は大きく分けて3タイプになります。

◆精神症状

特に理由もないのに心が沈む、何をしていても楽しくない、集中力がなくなり、好きなTV番組も趣味もつまらない…といったような鬱状態がよく見られます。

また、寝つきが悪くなったり、夜中に何度も起きたり、と不眠症になることも。

◆身体症状

身体的に現われてくる症状は、女性の更年期障害とほぼ変わりありません。

突然大量の汗をかく、頻繁にめまいや動悸に襲われる、といった自律神経系の不調による症状が主です。

◆性症状

性欲減退・勃起不全・頻尿など、男性特有の更年期障害の症状が性症状です。

これらの症状が稀ではなく、頻繁にかつ不快に思えるほど強く出てくるなら更年期障害を疑うべきでしょう。

テストステロンの減少を抑えると吉

◆運動をする

運動により脳も筋肉も刺激を受けることで、テストステロンの合成を促すだけでなく血流増加や身体への刺激が生じる事で分泌量が増えます。

◆適切な食事を摂る

ニンニク、玉ねぎ、牡蠣はテストステロンを増やすと言われています。

また、肉類、卵、乳製品などのタンパク質も効果的。

ちなみに、脂質の摂り過ぎは本来避けるべきですが、テストステロンを合成する際に必要になるため、過度に制限するのではなく適度に摂るようにしましょう。

◆十分な睡眠を確保する

ここでいう睡眠とは、単に睡眠時間を指すのではなく睡眠の質も重要になってきます。

良質な睡眠はテストステロンの分泌を促すため、マットレスや枕にこだわってみたり、耳栓やアイマスクを利用して睡眠の質を底上げすると良いでしょう。

以上の3点を心掛けて、テストステロンの低下を防ぐと同時にその分泌量を高めていきましょう。

記憶力や判断力が向上するだけでなく、筋肉が増えて内臓脂肪が減少し、身も心も若返ることができるので、仕事でもさらに活躍するチャンスが広がるかもしれませんよ。

AD




AD




-トピック
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

二日酔いしないために押さえておきたいポイント3つ

営業男子には避けて通れないのが、得意先との飲みの席。 飲みたくない日も飲まなくてはいけないので、体調管理がとても難しいですよね。 また、時期的に忘年会シーズンなので、さらに飲酒量は増え二日酔いの辛さが …

これだけはやっておくべき!基本的な花粉症対策

一般的に、3月から5月にかけて花粉の飛散量がピークになるので、花粉症の人にとってはとても辛い季節ですよね。 花粉症対策をする際、大抵の人は真っ先に街のドラッグストアで対策グッズを買ったり、お医者さんに …

女性だけじゃない!男性も冷え性対策を

先日、都内で警報が出るほどの大雪が降り、東北では観測史上、最低気温を記録するなど異例な大寒波に見舞われている日本列島。 今、このちょっとした異常事態とも呼べるこの寒さによって、体調を崩す方が続出してい …

かっこよく年を重ねていきたい!男性向けアンチエイジング

アンチエイジングというと女性特有のテーマと思われがちですが、それはもはや過去の話。 今や、若々しく活力溢れる、良い意味で年齢不相応な男性が増えています。 実際、若く見える人の方が老けて見える人より長生 …

新社会人が抱えやすい悩みと対策<業務ミス編>

新社会人は、膨大な量の覚えるべき事を一つ一つ自分の業務として把握する必要があるので、はじめのうちはミスや失敗をしてしまうでしょう。 そこで一度苦しい思いや辛い思いをすると、職場に行くのが嫌になったり、 …