トピック

女性が楽しいと感じる会話を知って、女性と仲良くなろう!

投稿日:2018年6月13日 更新日:

同性とはうまく話せるのだけれども、異性とは話が続かない、なにをどう話したらいいかわからないという方は多いいのではないでしょうか。そういう方は、おそらく女性と話すときと男性と話すときで会話のやり方を使い分けていないことが原因だと思われます。

女性と話すときには、男性のときとは違った会話の方法が必要なのです。

その方法をこれから紹介していきます。

普通の話題を振って、聞き役になる

女性が求めているのは普通の会話です。普通の会話というのは、日常のなんてことない会話です。お笑い芸人のエピソードトークのように盛り上がりがあってオチがある会話をする必要がありません。というより、むしろしてはいけません。話題は「名前の由来」「好きな食べ物」「流行り」「趣味」「好きな異性のタイプ」「好きな芸能」などで良いのです。

話題を振った後は、聞き役に徹します。会話の7,8割が女性が話しているのが理想的です。それは女性は喋ることによって心地よさを感じるからです。

共感、褒める

女性は共感してほしい生き物です。女性がなにか話したら、共感するように心がけましょう。コツはオウム返しを取り入れることです。

女「この時計かわいいー!」

男「ほんとだ!かわいいー!」

 

女「お父さんに怒られた」

男「お父さんに怒られたんだ。つらいね」

 

女性は褒めてあげることが大切です。褒めてくれる人を嫌いになる女性はほぼいないのではないでしょうか。

外見と行動をピンポイントで褒めるようにしましょう。

「髪さらさらだね」「前髪可愛いね」「目大きいね」、「今日のチークいい感じ」「卵焼き美味しく作れてる」「字綺麗だね」というように。小さなことに気づいてあげると女性は喜びを感じます。

最後に

まじめな男性は、いろいろ深く考えて、笑える話をしようとしてまったり博識を披露してしまいがちですが、そんなことする必要はなく、たわいない会話をすればいいのです。

AD




AD




-トピック
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

正しく使えてる?ビジネスシーンで間違えやすい敬語とは

突然ですが、正しい敬語を使えていますか? 敬語は本来、相手を尊重するための言葉ですが、使い方を間違えるとかえって失礼な印象を与えてしまうことにもなりかねません。 そこで、ビジネスシーンにおいて特に間違 …

これだけはやっておくべき!基本的な花粉症対策

一般的に、3月から5月にかけて花粉の飛散量がピークになるので、花粉症の人にとってはとても辛い季節ですよね。 花粉症対策をする際、大抵の人は真っ先に街のドラッグストアで対策グッズを買ったり、お医者さんに …

ツラい花粉症を緩和!免疫力を高める食べ物とは

冬の寒さもある程度落ち着き過ごしやすい陽気になりつつありますが、花粉症の人には苦難の季節。 日本気象協会によれば今年の花粉飛散量は、地域にもよりますが前シーズンに比べて多い傾向にあるようです。 花粉症 …

心が疲れている人に知っておいてほしいこと

なにをするにも気が乗らない、特に体を酷使したわけでもないのに全身がダルい、そんな人は精神的に疲れている可能性があります。 季節の変わり目という要因もあるかもしれませんが、それ以上に精神的な疲れを溜め込 …

新社会人が抱えやすい悩みと対策<業務ミス編>

新社会人は、膨大な量の覚えるべき事を一つ一つ自分の業務として把握する必要があるので、はじめのうちはミスや失敗をしてしまうでしょう。 そこで一度苦しい思いや辛い思いをすると、職場に行くのが嫌になったり、 …