トピック

女性が楽しいと感じる会話を知って、女性と仲良くなろう!

投稿日:2018年6月13日 更新日:

同性とはうまく話せるのだけれども、異性とは話が続かない、なにをどう話したらいいかわからないという方は多いいのではないでしょうか。そういう方は、おそらく女性と話すときと男性と話すときで会話のやり方を使い分けていないことが原因だと思われます。

女性と話すときには、男性のときとは違った会話の方法が必要なのです。

その方法をこれから紹介していきます。

普通の話題を振って、聞き役になる

女性が求めているのは普通の会話です。普通の会話というのは、日常のなんてことない会話です。お笑い芸人のエピソードトークのように盛り上がりがあってオチがある会話をする必要がありません。というより、むしろしてはいけません。話題は「名前の由来」「好きな食べ物」「流行り」「趣味」「好きな異性のタイプ」「好きな芸能」などで良いのです。

話題を振った後は、聞き役に徹します。会話の7,8割が女性が話しているのが理想的です。それは女性は喋ることによって心地よさを感じるからです。

共感、褒める

女性は共感してほしい生き物です。女性がなにか話したら、共感するように心がけましょう。コツはオウム返しを取り入れることです。

女「この時計かわいいー!」

男「ほんとだ!かわいいー!」

 

女「お父さんに怒られた」

男「お父さんに怒られたんだ。つらいね」

 

女性は褒めてあげることが大切です。褒めてくれる人を嫌いになる女性はほぼいないのではないでしょうか。

外見と行動をピンポイントで褒めるようにしましょう。

「髪さらさらだね」「前髪可愛いね」「目大きいね」、「今日のチークいい感じ」「卵焼き美味しく作れてる」「字綺麗だね」というように。小さなことに気づいてあげると女性は喜びを感じます。

最後に

まじめな男性は、いろいろ深く考えて、笑える話をしようとしてまったり博識を披露してしまいがちですが、そんなことする必要はなく、たわいない会話をすればいいのです。

AD




AD




-トピック
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

最近なんだか調子悪い…男性も知っておくべき更年期障害のチェックポイント

更年期障害と聞くと女性のイメージが強いですよね。 しかし、男性も更年期障害になるということを知っておくべきです。 というのも、近年では男性の更年期障害発症率が増加傾向にあるんです。 仕事のストレス等で …

新社会人が抱えやすい悩みと対策<人間関係編>

職場に限らず、人間関係はつきものです。 ただ、社会人になってからと学生時代とで大きく異なるのは「苦手な相手との関係を自由に断つことができない」という点でしょう。 例えば、学生時代に剣道部に入ったとしま …

正しく使えてる?ビジネスシーンで間違えやすい敬語とは

突然ですが、正しい敬語を使えていますか? 敬語は本来、相手を尊重するための言葉ですが、使い方を間違えるとかえって失礼な印象を与えてしまうことにもなりかねません。 そこで、ビジネスシーンにおいて特に間違 …

よく「デキる男」って聞くけど実際どんな男?

「好きなタイプは、仕事がデキる男の人かな」 先日、あるネット番組の女性を対象にした街頭インタビューでよく出てきたのがこれ。 仕事がデキる男と一言で言っても、具体的にどういう男なのでしょう。 また、なぜ …

読書はメリットばかり! その効果とは?

文化庁の統計によるとまったく読書をしない人が46%です。また月に1,2冊と答えた方は36%です。 小学生のころに先生から「本を読みなさい」と誰しも言われたと思いますが、それを大人になって実行している人 …